玉川村観光物産公式ガイド
そらのむら、たまかわ。
SORANOMURA TAMAKAWA

色合い

Foreign Language

トップページ > 大雷神社

大雷神社だいらいじんじゃ

平家一族の氏神である火雷天神を祀っている神社です。平将門の末弟・将為が当地に居住した際、阿武隈川岸の雷河原に火雷天神を勧進したのが始まりとされています。慶長14年(1609年)秋の阿武隈川の大洪水によって社殿と神主宅が流失したことで、翌15年(1610年)に現在地に遷宮しました。江戸時代には火雷神社と称していましたがその後大雷神社に改称され、小高・中・蒜生地区の総鎮守として崇敬を集めました。現在では、"小高の雷神様"として電力会社や福島空港、航空会社など様々な企業からも参拝に訪れます。
また、「雷がなるときは小高出身の人のそばにいると雷がよける」という言い伝えがあります。
お問い合わせ先名称 大雷神社
所在地 〒963-6312 福島県石川郡玉川村大字小高字西屋敷119